冬の節電商戦に前のめり、異例の大量供給に期待と不安

拡大
縮小


従来、「機能性商品をアピールするとファッション性が低下したように見えるため、積極的に広告展開しない」(大手アパレル幹部)のが業界の定説。だが、今夏のクールビズ需要で急きょ投入した接触冷感素材のカットソーやパンツが「4~7月は昨年を超える売れ行き」(三陽商会・阪本直也紳士企画部長)と好調で、機能性のアピールにアクセルを踏み込んだ。

各社が前倒しで動く理由は、需要拡大が見込めるのはもちろんのこと、夏商戦での苦い経験があるからだ。

東日本大震災後の品不足なども影響し、扇風機や機能性肌着、冷却マットなどにシーズン前から需要が殺到。生産や調達が追いつかないものもあった。「扇風機は4~5月から売れ始め、8月は昨年の2倍売れたが品薄になった。冬は石油ストーブの仕入れを例年の5~6倍に増やすなどするほか、商品を早くから確保して早期需要に備える」(ディスカウントストア大手のドン・キホーテ)。

暖冬なら在庫リスク

冬は夏に比べて、多くの商品を買ってもらいやすい、という側面もある。

衣料品は夏より冬が稼ぎ時。商品単価が高いうえ、重ね着をするため、買い上げ点数も多いからだ。たとえば暖房器具にしても、こたつとセットで掛け布団やカーペットなどを売り込める。「無印良品」を展開する良品計画は「省エネで快適に過ごす生活方法を提案し、それに合わせる形でインテリアや衣服、雑貨、食品などをうまく組み合わせて販売する」(松枝展弘・販促課長)ともくろむ。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT