原発事故で困窮する福島県の企業、「このままでは力尽きる」--深刻な風評被害の実態


 ホテルや旅館の場合、震災・原発事故による影響の表れ方は複雑だ。通常の宿泊客が激減する一方、原発事故で避難してきた住民や復旧作業に当たる職員の受け入れで稼働率を維持しているホテルもある。

ただ、ホテル・旅館が被った打撃は総じて大きい。614のホテルや旅館が加盟する福島県旅館ホテル生活衛生同業組合によれば、「4月後半時点での調べでは約68万人がキャンセルし、74億円の損害が発生した。5月のアンケート調査(約50%が回答)では、3月から来年2月までの売り上げ予測は前年同期比ほぼ半減、被害額は約360億円という数字が出た」(菅野豊理事長)。

菅野理事長が社長を務める磐梯熱海温泉(郡山市)の「ホテル華の湯」でも、震災・原発事故の直後からキャンセルが続出。4月初めには約300人いた従業員のうち正社員、パートを含めて144人を減らさざるをえなくなった。

4月からは富岡町と川内村の避難住民80人弱を受け入れたが、8月初めまでに全員が郡山市内の仮設住宅や借り上げ住宅に移動。その一方で一般の宿泊客が戻ってこない。

「昨年の8月10~20日ごろまではほぼ満室が続いたが、今年の稼働率はわずか3割。宿泊者のうち半数を、災害復旧作業に携わる全国からの警察官が占めている」(増子浩之営業支配人)。

会津若松市の東山温泉で「千代滝」「新滝」の二つの旅館を営むくつろぎ宿(深田智之社長)はやや様相が異なる。「8月中旬現在まで、売り上げは前年同期比1割減程度にとどまる」(深田社長)。というのも、原発付近の自宅から避難してきた大熊町の住民を、ピーク時に約500人、8月中旬現在でも190人強受け入れているためだ。ただ、8月下旬以降、先行きは厳しさを増すという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。