原発事故で困窮する福島県の企業、「このままでは力尽きる」--深刻な風評被害の実態

原発に近く、立ち入り禁止の警戒区域にあった企業の多くは事業休止に追い込まれた。一方で原発から離れた場所でも、深刻な顧客離れにあえぐ企業が少なくない。

特に被害が大きいのが観光業だ。教育旅行の受け入れを積極的に推進してきた南会津町のたかつえ地区では、大学や小中学校などによる教育旅行の取りやめが3月から来年
1月初めまでで延べ7400人に達した(5月14日時点での調べ)。


ホテルは観光客激減 自動車教習所も苦境に

大内宿(下郷町)は、会津西街道の宿場町の家並みがそのまま保存されていることで人気を博し、10年に訪れた観光客は100万人に上った。だが、今年は7月までで21万人。7月は昨年の6割弱にとどまった。「大内宿では約200人が働いている。多くはアルバイトだが、職を失って自宅待機している」と下郷町の星澄雄副町長は語る。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。