「もしトラ」なら4回目の米朝首脳会談もあり得る 玄葉氏「北朝鮮はアメリカばかり気にしている」

拡大
縮小
写真:FNNプライムオンライン
龍谷大学の李相哲教授は、「北朝鮮が核兵器を捨てることはまずない。それを捨てたら、金正恩政権も終わりだ」と指摘した(写真:FNNプライムオンライン)
自民党の佐藤正久元外務副大臣と、立憲民主党の玄葉光一郎元外相が9日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、アメリカの大統領選挙でトランプ前大統領が再選される場合の北朝鮮情勢の行方について議論した。

「北朝鮮はアメリカのことばかり気にしている」

玄葉元外相は、トランプ氏が大統領になった場合に4回目の米朝首脳会談が行われる可能性について、「あり得ると思う」「北朝鮮はなんだかんだ言ってアメリカのことばかり気にしている」と述べた。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

佐藤元外務副大臣は、「米朝の首脳会談が非核化ということを中心に動き出せば、その中で拉致という問題も出てくると思う」と述べた。

一方、龍谷大学の李相哲教授は、「北朝鮮が核兵器を捨てることはまずない。それを捨てたら、金正恩政権も終わりだ」と指摘。

番組コメンテーターの橋下徹氏は、拉致問題の解決に向けて、「北朝鮮の安全を保障する代わりに、拉致問題の解決も迫っていく。制裁一辺倒だけの話では、もう収まらないと思う」と述べた。

以下、番組での主なやり取り。

梅津弥英子キャスター(フジテレビアナウンサー):これまで3度にわたり行われたトランプ氏と金正恩氏の首脳会談だが、2018年6月には共同声明で朝鮮半島の完全非核化を約束。しかし、翌年には交渉が決裂。完全非核化はいまだ実現していないという状況になっている。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT