「収入を隠さない」女性がお金持ち男性にモテる訳 相手の収入などの経済力を重視する男性が増加

拡大
縮小
(写真:shimi/PIXTA)

「結婚したくても、どうやって出会ったらいいかわからない」。そんな声が婚活現場にあふれる令和時代の婚活ですが、出会う方法としては、学生時代からの知り合いや知人・友人からの紹介などの「リアルつながりからの出会い」を除くと、①マッチングアプリ、②自治体の結婚支援プログラム、③結婚相談所の3経路に大体わかれています。

その中でも、登録料・紹介手数料・成婚料とかなりのお金を用意しなければならない結婚相談所には、世間一般の水準からみれば「お金持ち」の男性の登録が多い傾向にあります。

それではお金持ちの男性はどういった女性を好む傾向にあるのでしょうか?

年収を隠す女性のほうが好まれない

「女性は男性に養ってもらって当たり前」というのは、今となっては筆者も含めた「中高年男女の発想」の典型例となっています。

大手結婚相談所のIBJが2024年4月に公開した「成婚白書2023」(以下、IBJ調査)から、興味深いデータをご紹介したいと思います。

結婚相談所では、男性は収入を正確に申告(収入証明書が必要なので虚偽申告はできません)しなければなりませんが、女性は任意、というのが一般的なルールとなっているようです。そのためIBJの会員調査の結果では、女性登録者の約8割はプロフィールに収入を登録していないという状況です。

しかし、収入を登録した女性としなかった女性では、統計的に見て、男性からのモテ度に有意な差が出ていることが読み取れます。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT