2輪世界最大排気量「ロケット3ストーム」の凄み クルマ並みの排気量2.5L、最新型トライアンフ

拡大
縮小
東京モーターサイクルショーに展示されていたロット3ストームR
東京モーターサイクルショーに展示されていたロケット3ストームR(筆者撮影)

近年、バイクにもさまざまな排気量のモデルがあるが、なんと世界最大の2.5L・3気筒という4輪車並みの巨大エンジンを搭載するのが、英国トライアンフモーターサイクルズ(以下、トライアンフ)の「ロケット3」シリーズ。その2024年の新型モデル「ロケット3ストームR(Rocket 3 Storm R)」と「ロケット3ストームGT(Rocket 3 Storm GT)」が国内販売を開始した。

2004年の初代モデル以来、20年の歴史を誇るクルーザーモデルがロケット3。最新の2024年型では、最高出力を従来モデル比15PSアップの182PSへ向上。トルクも4N・mアップの225N・mとし、さらに高いパフォーマンスを発揮する改良が施されている。

ここでは、新型ロケット3ストーム・シリーズの概要を紹介するとともに、「第51回 東京モーターサイクルショー(2024年3月22~24日・東京ビッグサイト)」に展示された現車を実際に見た印象などもお伝えしよう。

トライアンフのロケット3とは

最新型のロケット3シリーズ
最新型のロケット3シリーズ(写真:トライアンフモーターサイクルズジャパン)

120年以上の歴史を誇るイギリス老舗メーカーのトライアンフが生産するのが、ロケット3だ。初代モデルの「ロケットⅢ」は、2004年に登場。当時、大きな人気を博した「マッスル系バイク」と呼ばれるジャンルに属するモデルだ。

マッスル系バイクとは、長距離ツーリングなどに適したクルーザーというジャンルのなかでも、とくに直線での速さを競うドラッグレーサー風のスタイルを採用したモデルを意味する。大排気量エンジンによる圧倒的な加速力と、ボリューム感満点のフォルムなどに特徴がある。

【写真】量産として世界最大排気量のバイク、トライアンフ「ロケット3」シリーズの最新モデルが発売。そのディテールを徹底的にチェック(30枚以上)
次ページ量産バイクで世界最大排気量を持つロケット3シリーズ
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT