ホンダ新型「CB1000ホーネット」名車復活と変貌 ネイキッドからストリートファイターへ進化

拡大
縮小
東京モーターサイクルショーで展示されていたホンダの新型「CB1000ホーネット」
東京モーターサイクルショーで展示されていたホンダの新型「CB1000ホーネット」(筆者撮影)

本田技研工業(以下、ホンダ)の名車「ホーネット」が、新型モデル「CB1000ホーネット(CB1000 HORNET)」となって復活する。

ホーネットは、昔からのバイク・ファンならご存じのとおり、1990年代中盤から2000年代前半に大ヒットした人気シリーズ。250ccや600cc、900ccといった豊富なラインナップを誇り、いずれも高性能なエンジンを幅広いライダーが扱いやすい特性に調教。アップライトなポジションなどにより、ストリートを軽快に走れることが魅力のネイキッド(カウルレス)モデル群だ。

その後継モデルといえる新型は、近年人気が高い「ストリートファイター」と呼ばれる最新のスタイルを採用。サーキット走行にも対応したフルカウルモデルとなり、2017年型「CBR1000RR」に搭載された1000cc(正確には999cc)・直列4気筒エンジンを搭載するなど、高い動力性能を持つことが注目だ。

そんな新型CB1000ホーネットを「第51回 東京モーターサイクルショー(2024年3月22~24日・東京ビッグサイト)」で取材。まだ、発売日や価格などの詳細は明らかになっていないが、現在わかる範囲で特徴などを紹介しよう。

この記事の画像を見る(34枚)

ホンダの名車、ホーネットとは?

1996年モデルのホーネット
1996年モデルのホーネット(写真:本田技研工業)

ホンダのホーネット・シリーズは、1996年に登場した250ccモデル「ホーネット」が元祖だ。最高出力40PSを発揮する249cc・直列4気筒エンジンには、レーシングマシン直系の「カムギア・トレーン(カムシャフトを歯車で駆動する方式)」機構採用などにより、高回転まで一気に吹け上がる心地良い加速感を実現。街中からワインディングまで軽快に走れる動力性能や軽量な車体と、当時人気のオーソドックスなネイキッド・スタイルなどで大ヒットを記録する。

次ページ新型はネイキッドからストリートファイタースタイルに
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT