中国の輸出「受注は回復、価格は下落」のジレンマ 広州交易会の出展企業から過当競争への嘆き節

✎ 1〜 ✎ 1432 ✎ 1433 ✎ 1434 ✎ 最新
拡大
縮小
広州交易会は1957年の初開催から60年超の歴史を持つ。写真は2024年春期の会場のメインゲート(広州交易会の公式ウェブサイトより)

広東省広州市で毎年春と秋に開催される広州交易会(正式名称は中国輸出入商品交易会)は、中国最大級の貿易商談会であり、輸出産業の景気動向を示す「風向計」と呼ばれている。

「コロナ禍の期間に世界各地で積み上がった在庫がほぼ消化され、(海外から来場した)バイヤーたちが新たな買い付けを始めている」

4月15日に開幕した2024年春期の広州交易会(会期は5月5日まで)の会場を財新記者が取材すると、出展企業の多くからそんな声が聞かれた。

例えば広東省佛山市の電子機器メーカー、索爾電子実業の担当者は、記者の取材に対して「2024年1~3月期の受注は前年同期比約20%増加した」と明かした。インバーターと蓄電装置が主力製品の同社は、受注増加に対応すべく、春節(中国の旧正月、2024年の元日は2月10日)明けに数百人の従業員を緊急採用した。

欧米からの受注が2割増加

山東省青島市の雑貨メーカー、山海家居用品の最高経営責任者(CEO)を務める尚勁松氏によれば、欧米の取引先が在庫圧縮に追われていたため、同社は2023年7~9月期まで受注も出荷も低迷していた。しかし同年10~12月期を境に、受注が徐々に戻り始めた。

同社はコップや保存容器などの家庭用雑貨を主に欧米向けに輸出している。尚氏によれば、2024年1~3月期の出荷量は前年同期比18%増加し、4~6月期に関しては「現時点の受注量は前年同期より2割以上増えている」という。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT