キューバは被曝者治療の経験を持つ医師団を日本に派遣する用意がある--アレイダ・ゲバラ氏に聞く


--今回は広島と長崎の平和記念式典にも初めて参加されるそうですが、この時期に式典に参加される意義は。

今回、私は反戦だの、反核だのを訴えに来たわけではありません。そういうことを伝えるのは私ではなくて、むしろ身を持って体験した日本人の役目ではないでしょうか。日本人は平和や反核ということについて、より強く訴えていくべきだと思います。

私の父が広島を訪れたとき、ハバナにいた母へ絵はがきを送りました。そこには「平和のためにさらに強く闘うには、こういう場所を訪れなければならない」と記してありました。

--カストロ前議長は長らく「反核」を掲げてきました。09年には米オバマ大統領が「反核」を訴えたことなどが評価されてノーベル平和賞を受賞しましたが、カストロ前議長にもチャンスはあるとお考えですか。

私たちにしてみれば、オバマよりずっとノーベル平和賞に値しますよ(笑)。キューバ革命を起こして、団結を説いてきた時点ですでにその価値があるでしょう。フィデル(・カストロ)は長らく人々との団結、共生を説いてきました。彼は過去に、キューバ人はラテンアメリカ人だけではなく、アフロラテンアメリカ人の国である。ゆえに、キューバはアフリカに対して道義的債務がある、と話したことあります。

引退前は核戦争に対して声を上げて意義を唱え続けてきましたが、残念ながらそれが世界で報道されることはありませんでした。核兵器が人々の及ぼす危険は甚大です。だからこそ、私がこのように広島や長崎を訪れることで、キューバが反核国であることを訴えることが重要です。いかなる国も核兵器を持つことが許されてはならないのです。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT