TBSアナ「大谷翔平の打率読めず」一体何が問題か 知性が問われる職業は、カバーすべき分野も多い

拡大
縮小
大谷翔平
今季も活躍が期待される大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手(写真:共同)

アナウンサーが「野球の打率を読めなかった」と話題になり、SNS上では野球ファンを中心に非難の声が出ている。

筆者はネットメディア編集者として多くの炎上事案をウォッチし、「情報の届けかた」と「受け取りかた」について、ずっと考えてきた。その中で感じるのは、「誰が言うか」は想像以上に大きいということだ。

「打率サン、ゼロ…」

話題となっているのは、2024年4月7日放送の「サンデージャポン」(TBS系)。アシスタントである同局の良原安美アナウンサーが、大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手の成績を伝える際に、そのハプニングは起きた。

画面には大谷選手の紹介スライドが表示され、「4打数 2安打 打率.304 3試合連続マルチヒット」と書かれていた。それを「打率サン、ゼロ……レイテンサンゼロヨン……」と、たどたどしく読み上げる姿に、野球好きで知られる「爆笑問題」田中裕二さんが助け舟を出すも、良原アナは「3割4分」と続け、田中さんは「3割4厘ね」、相方の太田光さんは「何を言ってんのよ!」。あまりの状況に「ごめんなさい、ボロボロです……」と反省の弁を述べた。

このやりとりを受けて、スタジオでは笑いが起きていたが、SNS上では「事前に読み合わせないのか」「責任感がない」「勉強が足りない」といった批判が相次いだ。

良原アナは2018年入社で、現在7年目。現在は「Nスタ」などに出演しているが、過去にはストレートニュースを担当したこともある。そろそろ後輩も増えてきた年代とあって、「一般常識の範疇だろう」「プロ意識がたりないのではないか」との論調は多く見られた。

次ページ「ダブルアウト」と「ダブルプレー」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT