タカタ、株主総会の直前に対応が二転三転

リコール問題で経営陣が"初"の会見へ

リコール問題収束が見えない中、第12回定時株主総会が開かれた

エアバックの異常破裂による死傷事故と、全世界に及ぶ大規模リコールから注目が集まっているタカタ。6月25日に開催された株主総会の出席数は約200人と過去最高、開催時間も2時間15分とこれまでで最も長かった。

冒頭、高田重久会長兼社長は一連のエアバッグ問題について謝罪し、「当局や自動車メーカーに全面的に協力して製品回収、再発防止と信頼回復に努めます」と決意を述べた。自動車メーカーのOBだという男性株主(66)は、「起こっていることを考えれば、比較的和やかな総会だった」という。

会見で高田会長は何を語るのか

今回、総会開催を前にタカタの対応は二転三転。総会は非公開の方針だったが、注目度が高いことも考慮してか、前日夜にメディア向けにライブ中継を行うとの連絡があった。

ところが翌日の開催直前に、タカタはライブ中継を中止を通告。中継が行われるはずだった会場に足を運ぶと、スクリーンが用意されて準備は整っており、設営スタッフが手持ちぶさたな様子だった。土壇場の取り止めについて、タカタ広報は、「会長が直接答える会見を本日夕方に開くため、総会の中継は中止した」と説明している。

次ページ「何人もの命を救ってきた会社」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT