タカタ、株主総会の直前に対応が二転三転

リコール問題で経営陣が"初"の会見へ

リコール問題収束が見えない中、第12回定時株主総会が開かれた

エアバックの異常破裂による死傷事故と、全世界に及ぶ大規模リコールから注目が集まっているタカタ。6月25日に開催された株主総会の出席数は約200人と過去最高、開催時間も2時間15分とこれまでで最も長かった。

冒頭、高田重久会長兼社長は一連のエアバッグ問題について謝罪し、「当局や自動車メーカーに全面的に協力して製品回収、再発防止と信頼回復に努めます」と決意を述べた。自動車メーカーのOBだという男性株主(66)は、「起こっていることを考えれば、比較的和やかな総会だった」という。

会見で高田会長は何を語るのか

今回、総会開催を前にタカタの対応は二転三転。総会は非公開の方針だったが、注目度が高いことも考慮してか、前日夜にメディア向けにライブ中継を行うとの連絡があった。

ところが翌日の開催直前に、タカタはライブ中継を中止を通告。中継が行われるはずだった会場に足を運ぶと、スクリーンが用意されて準備は整っており、設営スタッフが手持ちぶさたな様子だった。土壇場の取り止めについて、タカタ広報は、「会長が直接答える会見を本日夕方に開くため、総会の中継は中止した」と説明している。

次ページ「何人もの命を救ってきた会社」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。