「人の優しさを見つける」ため、飯舘村の子どもたちに三菱UFJリースがカメラ200台を贈る


 贈呈式では、村田隆一・三菱UFJリース社長が「大変だけど、夏休みは大いに遊んで大いに勉強して、福島県出身の野口英世博士のような人になってください」と子どもたちにエールを送った。そのあと、ニコン社員によるカメラ操作の講習会が開かれ、プレゼントされたカメラを子どもたちが熱心に操作していた。

福島市内に避難しているある母親は、「東京の企業が飯舘村のことを心配してくれたということが大変にうれしい。子どもたちも本当に喜んでいる」と笑顔で語った。

被災地には、さまざまな企業が物資支援、資金支援、あるいはボランティアの派遣などを行っている。今回の三菱UFJリースの取り組みは、生活が不安定化した子どもたちのメンタルケアという点で、ユニークな支援策だといえるだろう。今後、同様の支援に乗り出す企業が増えることが期待される。

三菱UFJリースの詳細はこちら

(浪川 攻 =東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング