大谷妻「真美子さん」の扱いが日米でこうも違う訳 交際を隠すことも周囲が詮索することもしない

拡大
縮小
大谷翔平 田中真美子
(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

大谷翔平選手が夫婦で韓国に向かう飛行機に乗ってから数日経つ今も、日本のメディアやSNSは、妻と判明した真美子さんのニュースで持ちきりだ。一方、飛行機の前で夫妻が並んだ写真が出たときには騒然となったアメリカは、以後、かなり落ち着いている。

そもそもアメリカが騒然となった理由は、公表までの経緯が異例だったからだ。メジャーリーグでは、妻や、結婚前でも真剣に交際している女性は、しばしば選手の遠征に同行したり、イベントに出てきたりするのが通常だ。選手は家族や恋人との写真を自分でSNSに投稿したりもするので、婚約、結婚という大きなステップに至る前に、チームメートやファンは、その特別な人の存在を知っている。

今回の韓国遠征にも、昨年ケガでまったく出場できなかったギャビン・ラックスが女性を連れて来ていて、「休んでいる間に恋人ができていたのだな」とわかった。もしこの女性が運命の人であり、この先、婚約、結婚となったなら、チームメートも、彼らの奥さんたちも、そしてファンも、祝福するだろう。

アメリカでは交際を隠すことはしない

大谷選手の場合、真美子さんと交際期間中にその存在を隠し、チームメートですら、彼に婚約者はおろか恋人がいることも知らなかった。そこへいきなりインスタグラムで発表となったから、度肝を抜かれたのである。しかし、遠征先の韓国には堂々と夫婦として現れ、奥様も観客席で夫を応援するというアメリカ人にとって普通と思われる行動を取った。この結果、アメリカの野球ファンの間で、このネタは終わりとなった。

カップル社会の欧米では、配偶者や恋人を“隠す”ということをしない。メジャーリーグの選手の場合はとくに、ここまで来られたのは、才能や本人の努力はもちろんのこと、支えてくれた両親や妻のおかげだということを見せて感謝を示そうとする。マイナーリーグの選手がメジャーデビューするときには、両親、友人が必ず観客席に来て、テレビ中継のカメラはその人たちの喜び、誇りの表情を追い、視聴者はそれを見て一緒に感動する。

大谷翔平 田中真美子
スタンドで試合を観戦する真美子さん(写真:Mydaily/アフロ)
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT