テレビ大量廃棄の闇、ブラウン管はどこへ--形骸化した家電リサイクル


 だが、「心ない業者の中には、廃棄物同然の家電を交ぜ込んで輸出する場合もある」とある中古品業者は言う。日本でも不法投棄は社会的な問題となっているが、輸出先の海外現地でも、日本の廃テレビが環境汚染の原因となっている。

問題は廃テレビだけではない。廃エアコンの回収については、消費者が数千円の家電リサイクル料を支払わなくても、買い子が喜んで買い取る。エアコンは世界的に需給逼迫している銅を多く含むからだ。

買い子はそれを資源回収業者へと売り、中国などへ輸出。「ここ数年でリユースに回るエアコンが減少して困る」(中古品引き取り業者)との声が漏れるほどであり、買い子は高値で買い取る業者を目ざとく見つけている。

廃テレビも今後は買い子へ回る率が高くなるのは必至。エコポイント実施時は、政府が費用負担してリサイクル分をポイント加算したからこそ、リサイクル工場へ流れ着いた。環境省は「エコポイントがなくなり、今後は間違いなくリサイクル率は減少する」と覚悟する。

2001年に施行された家電リサイクル法から10年。テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機の4品目を対象に、これまでの埋め立て処理を見直し、回収・分解したうえで、材料などの再利用を促すのが目的だった。

その一方、消費者は数千円のリサイクル券を購入して家電量販店などに引き取ってもらう必要があるが、義務化されていないため、こうした“抜け道”が存在する。地デジ特需や節電特需で廃家電が大量に生まれる中、あらためてシステムの形骸化を浮き彫りにした格好だ。

(前田佳子 =週刊東洋経済2011年7月23日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT