うまい焼き鳥を見抜く「プロの5本」教えます

これを頼めば、誰でも店の実力が見抜ける!

河岸よく焼き鳥とかの串モノは「2本以上でないと注文を受けない」って店があるでしょう。
N君:ああ、そういう店、よくありますよね。
河岸客単価を上げるためにそういうことをやるんだけど、それだとひとりで行ったときに種類をいろいろ食べられないじゃない。今、挙げた5本を食べるためには10本食べなきゃいけない。
N君:焼く手間を減らしたいんでしょうけど、それが「お客さんのためか」というと微妙ですね。
河岸もちろん「お客さんのため」ではなく「店のため」にやっているわけだね。そんな店は「儲け至上主義」で、お客さんのことを考えていない。そういう店はもうその時点で……。
N君:席を立つと(笑)。そういえば、5本の中に「レバー」がありませんね。一番鮮度がよくわかるんじゃないですか?
河岸:レバーはねえ……。まあ、その話はネット向きじゃないから、ここではやめておこう。
N君:ネットでは書けない、ってことですか。なんか、気になる発言ですね……。いや~、それにしても勉強になりました。今度、焼き鳥店に行ったら、まずは「この5本」を頼みますよ。そしたら僕も「焼き鳥通」ですね! 後輩を連れて行ってウンチク垂れようっと。
河岸うーん、「通」の前に「自称」がつくんじゃないの(笑)。
N君:ひどいなぁ~。どうせなら、席を立つところまでマネしたいのに(笑)。

 

というわけで、「『この5本』を頼めば、焼き鳥の実力がわかる!」は以上です。

次回は、焼き鳥シリーズの完結編。「店の実力を瞬時に見抜く注文の仕方」や「焼き鳥をおいしく食べる順番」などを解説します。焼き鳥シリーズ1回目で「そもそも、今回のN君の『頼み方』にも残念な点があります。何かわかりましたか?」と言った答えもわかるはずです。

併せて、「焼き鳥は炭火焼がおいしい」といわれますが、その理由は何なのか、電気グリルとは何がどう違うのか、その理由も解説します。

最後に、家でおいしい焼き鳥を作るにはどうすればいいか、その秘訣も公開して焼き鳥シリーズはひとまず完結の予定です。ミシュラン店や神楽坂の人気店、某「店で串を刺している」のを売りにしている人気チェーン店、そしてついに見つけた神田の絶品焼き鳥店についてのルポは、次回作に掲載する予定です。

楽しみにお待ちください。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング