【産業天気図・医薬品】薬価改定年度。大型新薬もなく厳しさ続く

今年は2年に1度の「薬価改定イヤー」に当たる。平均の下げ幅は前回を大きく上回る6.7%(2年前は平均4.2%)で、数十億円単位で売り上げ・利益が吹き飛ぶメーカーも多い。昨春の追い風要因だった「時節外れのインフルエンザ流行」や「スギ花粉の大量飛散」といった季節要因も、今年はなさそうだ。
 大型新薬不足も続く。高脂血症や高血圧のように患者数が多い生活習慣病領域では、ほぼ「アンメット・メディカルニーズ(未解決な医療ニーズ)」がクリアーされた感があり、新薬の粒は小さくなる傾向だ。
 一方、ジェネリック(GE)メーカーには追い風が吹いている。今年も30内外の新規収載品(新発売品)が予定されているほか、GE薬には比較的有利とされる処方箋改定もある。日医工<4541.大証>や沢井製薬<4555.東証>など業界大手でかつ広域卸にも食い込んでいるGEメーカーには、チャンスが多そうだ。
【高橋由里記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT