【産業天気図・医薬品】薬価改定年度。大型新薬もなく厳しさ続く

今年は2年に1度の「薬価改定イヤー」に当たる。平均の下げ幅は前回を大きく上回る6.7%(2年前は平均4.2%)で、数十億円単位で売り上げ・利益が吹き飛ぶメーカーも多い。昨春の追い風要因だった「時節外れのインフルエンザ流行」や「スギ花粉の大量飛散」といった季節要因も、今年はなさそうだ。
 大型新薬不足も続く。高脂血症や高血圧のように患者数が多い生活習慣病領域では、ほぼ「アンメット・メディカルニーズ(未解決な医療ニーズ)」がクリアーされた感があり、新薬の粒は小さくなる傾向だ。
 一方、ジェネリック(GE)メーカーには追い風が吹いている。今年も30内外の新規収載品(新発売品)が予定されているほか、GE薬には比較的有利とされる処方箋改定もある。日医工<4541.大証>や沢井製薬<4555.東証>など業界大手でかつ広域卸にも食い込んでいるGEメーカーには、チャンスが多そうだ。
【高橋由里記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT