北朝鮮がウクライナをミサイル実験場にしている ロシアに砲弾や火器を送り、実戦データを取得

拡大
縮小
橋下徹、佐藤正久、鈴木宗男、岡部芳彦
佐藤正久元外務副大臣(自民党参院議員)と鈴木宗男元官房副長官(無所属・参院議員)は、24日で丸2年を迎えたウクライナ戦争について意見を交わした(写真:FNNプライムオンライン)
佐藤正久元外務副大臣(自民党参院議員)と鈴木宗男元官房副長官(無所属・参院議員)は25日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、24日で丸2年を迎えたウクライナ戦争について意見を交わした。

ウクライナを『ミサイル実験場』にしている

この中で、佐藤氏は、北朝鮮がロシアに砲弾や火器を送り、ウクライナを「ミサイルの実験場」として使っているとして非難した。佐藤氏は、北朝鮮が日本海に向けて発射するしかなかった対地ミサイルについて、「実際命中したかどうか、その評価、判定、さらにその修正ができ、ウクライナでこういうデータを取れるのは(北朝鮮にとって)極めて大きい」と指摘した。

FNNプライムオンライン「日曜報道 THE PRIME」(運営:フジテレビ)の提供記事です

一方、ロシアのプーチン大統領が2月、米FOXニュース元司会者とのインタビューで、2022年3月に行われたトルコ・イスタンブールでの停戦交渉に繰り返し言及し、「停戦の合意にほぼ達していた」旨の発言をしたことについて、鈴木氏は「あのとき和平していれば、こういう状態にはならなかった」と述べ、ウクライナや西側諸国側に非があるとの認識を示した。

そのうえで、「ロシアは(領土を)どこまで取るという、勝利の表現はしていない。ロシアが和平を考えている一つの大きなメッセージだ」との見方を示した。

対する佐藤氏は「ロシアのもともとの目的はウクライナの属国化だ」として、プーチン大統領の発言について「情報戦の一環と見るべきだ」と話し、懐疑的な見方を示した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT