「ソニー」が引き金に?決済ビジネス再編の足音 米投資ファンド「ソニー銀行子会社」買収の思惑

拡大
縮小
再編の核となるのは、ブラックストーンが買収した決済代行会社「ソニーペイメントサービス」だ(記者撮影)

アメリカ投資ファンドのブラックストーンは1月31日、ソニー銀行の子会社で、決済代行会社「ソニーペイメントサービス(SPSV)」の株式80%を取得した。取得額は約400億円と見られる。

決済代行という裏方の業務で、かつソニーグループの中でも小型企業であるがゆえ、あまり大きな話題にはならなかった。決して派手ではないディールだが、決済ビジネス再編の起爆剤となる可能性を秘めている。

決済代行の「4強」に照準

「われわれと一緒にやりませんか」

2022年7月。ブラックストーン・グループ・ジャパンの坂本篤彦代表は、SPSVの中村英彦社長の元を訪れていた。決済代行事業の将来性について両者は意気投合し、中村氏も「ブラックストーンと一緒にやりたい」と応じた。

EC(ネット通販)やキャッシュレス決済の拡大を見越したブラックストーンは、かねてから「決済代行会社」への投資を模索していた。銀行やクレジットカードといった決済機関と、小売りなどの事業者を仲介し、代金の支払いや売上管理などを一手に担うビジネスだ。

デロイトトーマツミック経済研究所によれば、日本のネット決済代行サービス市場は毎年10%以上拡大し、2023年度は5933億円に達する見通しだ。

次ページSPSVに白羽の矢が立った理由とは?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT