みずほ信託、「ひとり親」を救うファンドの正体 社会貢献と会社利益の「二兎」を追えるか

拡大
縮小
離婚などで家を出たひとり親家庭にとって、住宅の確保は喫緊の課題だ。写真はイメージ(撮影:今井康一)

社会課題を解決しつつ、投資家の求めるリターンを提供できるか。

みずほ信託銀行は2024年度中にも、「ひとり親家庭」を支援する不動産ファンドを組成する方針だ。

みずほ信託がファンドを組成し、社会貢献に関心のある機関投資家や富裕層から資金を募り、首都圏のファミリーマンションを取得。一部住戸の家賃を低く設定し、ひとり親家庭に貸し出す。2022年末頃から担当部署で検討を始め、このほど具体化した。

「ひとり親家庭の『負の連鎖』を断ち切りたい」。みずほ信託銀行の梅田圭社長は、こう話す。2022年に梅田社長がひとり親家庭の支援を手がけるNPO法人の講演を聞き、「われわれが持つ不動産や投資家の情報を結びつけて、何かできないか考えた」(梅田社長)。

喫緊の課題は住宅の確保

ひとり親家庭の困窮が、問題視されて久しい。ひとり親家庭とは配偶者との死別や離婚などが原因で、独力で子どもを養育する世帯を指す。仕事と子育ての両立の難しさから、賃金が相対的に低い非正規で働いているケースが多く、4割以上の家庭が経済的に困窮しているとも言われる。

ひとり親家庭にとって喫緊の課題は、住宅の確保だ。特に専業主婦の場合、家庭の不和や離婚などを理由にそれまでの住宅を出て、次の住宅を探そうとしても、定職に就いていないため民間の賃貸住宅が借りにくい。

公営住宅は入居の抽選倍率が高いうえ、老朽化が進んでいたり交通利便性に難があったりする物件も多い。

住所不定のままでは保育所などの行政サービスが享受できず、子どもを預けられないことから定職にも就けず、貧困から抜け出せない負の連鎖に陥る。

次ページ「金融の力」でひとり親家庭を支援
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT