茶の湯の宇宙 小堀宗実著

茶の湯の宇宙 小堀宗実著

茶の湯の正式なもてなしを「茶事」という。4~5人の客を招き、およそ4時間をかけて懐石料理と濃茶、薄茶でもてなす。日常とは切り離された空間で庭をめで、床の間には書画や花を飾り、茶道具には陶芸だけでなく木工芸や金属工芸の作品も用いられる。招く側はもちろん、招かれる側にもさまざまな知識と美意識が求められる。茶の湯が日本文化の集大成、総合芸術といわれるゆえんはここにある。

一般に考えられている茶会は茶事の省略形にすぎず、抹茶の点て方である手前の稽古が茶の湯のすべてというのは誤解であると著者は指摘する。遠州茶道宗家13世家元が、茶の湯が大切にしてきた心のあり方や美意識をわかりやすく伝える。

朝日新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。