茶の湯の宇宙 小堀宗実著

茶の湯の宇宙 小堀宗実著

茶の湯の正式なもてなしを「茶事」という。4~5人の客を招き、およそ4時間をかけて懐石料理と濃茶、薄茶でもてなす。日常とは切り離された空間で庭をめで、床の間には書画や花を飾り、茶道具には陶芸だけでなく木工芸や金属工芸の作品も用いられる。招く側はもちろん、招かれる側にもさまざまな知識と美意識が求められる。茶の湯が日本文化の集大成、総合芸術といわれるゆえんはここにある。

一般に考えられている茶会は茶事の省略形にすぎず、抹茶の点て方である手前の稽古が茶の湯のすべてというのは誤解であると著者は指摘する。遠州茶道宗家13世家元が、茶の湯が大切にしてきた心のあり方や美意識をわかりやすく伝える。

朝日新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。