茶の湯の宇宙 小堀宗実著

拡大
縮小
茶の湯の宇宙 小堀宗実著

茶の湯の正式なもてなしを「茶事」という。4~5人の客を招き、およそ4時間をかけて懐石料理と濃茶、薄茶でもてなす。日常とは切り離された空間で庭をめで、床の間には書画や花を飾り、茶道具には陶芸だけでなく木工芸や金属工芸の作品も用いられる。招く側はもちろん、招かれる側にもさまざまな知識と美意識が求められる。茶の湯が日本文化の集大成、総合芸術といわれるゆえんはここにある。

一般に考えられている茶会は茶事の省略形にすぎず、抹茶の点て方である手前の稽古が茶の湯のすべてというのは誤解であると著者は指摘する。遠州茶道宗家13世家元が、茶の湯が大切にしてきた心のあり方や美意識をわかりやすく伝える。

朝日新書 735円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT