原発のウソ 小出裕章著

原発のウソ 小出裕章著

原子力安全の研究者である著者はかつて、「未来のエネルギー」ともてはやされた原子力の可能性を信じて研究に足を踏み入れたが、その危険性に気づき考え方を180度変更した。時に異端視されながらも、伊方原発裁判、人形峠のウラン残土問題、JCО臨界事故などで、放射線被害を受ける住民の側に立って活動してきたという。

本書では、今回事故を起こした福島第一原子力発電所の現状分析から始まり、放射能の本当の危険性、原子力推進派の欺瞞と原子力行政のずさんさ、脱原発の可能性などを詳細に解説している。

最悪の事態に備えて、日常生活の中で被曝から自身の身を守る具体的方法も記されている。

扶桑社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。