原発のウソ 小出裕章著

原発のウソ 小出裕章著

原子力安全の研究者である著者はかつて、「未来のエネルギー」ともてはやされた原子力の可能性を信じて研究に足を踏み入れたが、その危険性に気づき考え方を180度変更した。時に異端視されながらも、伊方原発裁判、人形峠のウラン残土問題、JCО臨界事故などで、放射線被害を受ける住民の側に立って活動してきたという。

本書では、今回事故を起こした福島第一原子力発電所の現状分析から始まり、放射能の本当の危険性、原子力推進派の欺瞞と原子力行政のずさんさ、脱原発の可能性などを詳細に解説している。

最悪の事態に備えて、日常生活の中で被曝から自身の身を守る具体的方法も記されている。

扶桑社新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT