ユーロ・リスク 白井さゆり著

ユーロ・リスク 白井さゆり著

「欧州財政危機」が共通通貨ユーロを翻弄している。高リスク国を中心に発信されがちな暗いニュースと、低リスク国を中心に発信される明るいニュースが交互に飛び交い、そのたびにユーロ相場は大きく揺れている。

ユーロを採用する17カ国は、各国の債務返済能力と純対外債務規模で3グループに分けられる。ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペインの高リスク4カ国、ドイツ、フランス、オーストリア、オランダ、フィンランド、ルクセンブルクなどの低リスク8カ国、それに中リスクのその他5カ国だ。

では、どの国の破綻リスクが高いか。揺れるユーロ圏17カ国の現状と展望をコンパクトに解説している。

日経プレミアシリーズ 935円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。