ユーロ・リスク 白井さゆり著

ユーロ・リスク 白井さゆり著

「欧州財政危機」が共通通貨ユーロを翻弄している。高リスク国を中心に発信されがちな暗いニュースと、低リスク国を中心に発信される明るいニュースが交互に飛び交い、そのたびにユーロ相場は大きく揺れている。

ユーロを採用する17カ国は、各国の債務返済能力と純対外債務規模で3グループに分けられる。ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペインの高リスク4カ国、ドイツ、フランス、オーストリア、オランダ、フィンランド、ルクセンブルクなどの低リスク8カ国、それに中リスクのその他5カ国だ。

では、どの国の破綻リスクが高いか。揺れるユーロ圏17カ国の現状と展望をコンパクトに解説している。

日経プレミアシリーズ 935円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。