ユーロ・リスク 白井さゆり著

ユーロ・リスク 白井さゆり著

「欧州財政危機」が共通通貨ユーロを翻弄している。高リスク国を中心に発信されがちな暗いニュースと、低リスク国を中心に発信される明るいニュースが交互に飛び交い、そのたびにユーロ相場は大きく揺れている。

ユーロを採用する17カ国は、各国の債務返済能力と純対外債務規模で3グループに分けられる。ギリシャ、アイルランド、ポルトガル、スペインの高リスク4カ国、ドイツ、フランス、オーストリア、オランダ、フィンランド、ルクセンブルクなどの低リスク8カ国、それに中リスクのその他5カ国だ。

では、どの国の破綻リスクが高いか。揺れるユーロ圏17カ国の現状と展望をコンパクトに解説している。

日経プレミアシリーズ 935円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。