アサヒが撤退「ストロング系」はなぜ広がったのか 「健全で持続可能な飲酒文化」は負け惜しみの感も

拡大
縮小

そして、これは酒飲みである筆者の主観だが、ストロング系の台頭は純粋に「コンビニで購入できる安くておいしい酒」がストロング系しかなかったからではないかと考える。

ストロング系が流行する以前、コンビニでは「第三のビール」や「発泡酒」が缶ビールの代わりに売られていた。しかし、酒の味を知らない若者だってこれらが「ビールのまがい物」であることぐらいわかっていた。

それに、これらは度数も低いため何本も飲まないと酔えないのだが、何本も「おいしくない」酒を飲みたいわけではない。それがストロング系であれば1缶飲めばもう「出来上がる」ことができるのだ。

さらに、味もレモンやぶどう、ライム、それに甘口か辛口と種類も豊富なため、お酒にまだ慣れていない若者にも飲みやすい。そうなればビールのまがい物である、第三のビールや発泡酒に手が伸びなくなるのは当然の話だ。

つまり、国が酒税法でやたらとビール会社を締め付けた結果が、ストロング系を生み出した一因だ……と言い切るのはやや主観が過ぎるかもしれないが、とは言え筆者の主張に、部分的に納得する人も少なくないのではと思う。

毎日ストロング系を浴びるように飲んでいた筆者

こうした歴史がストロング系にはあるため、今回のアサヒの報道に関してはなんだか冷ややかな目で見てしまうのかもしれない。ストロング系の台頭は良くも悪くも世間のニーズに応えた結果であるため、それを飲料メーカー自らが否定するのは、いかがなものなのだろうか?

一方で、ストロング系の健康被害は間違いなくあるだろう。当たり前のことではあるが、「お酒は節度を守って楽しむもの」である。

そこで、1月30日配信の後編ー「ストロング系」毎日10缶飲んでた私に起きた異変ーでは、毎日ストロング系を浴びるように飲んでいた結果、筆者の体にどのような”異変”が起きたのかをご紹介したい。

(※後編記事へのリンクは、公開後に見られるようになります)

ストロング系
(筆者撮影)
千駄木 雄大 編集者/ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

せんだぎ・ゆうだい / Yudai Sendagi

編集者/ライター。1993年、福岡県生まれ。奨学金、ジャズのほか、アルコール依存症に苦しんだ経験をもとにストロング系飲料についても執筆活動中。奨学金では識者として、「Abema Prime」に出演。著書に『奨学金、借りたら人生こうなった』(扶桑社新書)。原作に『奨学金借りたら人生こうなる!?~なぜか奨学生が集まるミナミ荘~』がある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT