有料会員限定

新設校が猛進! 地方に飛び火する中学序列異変 愛知・明和、宮城・二華、群馬・中央中教……

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小

新設校がトップ校の地位を脅かす。

金銀銅のメダル
(写真:cba / PIXTA)

特集「過熱! 中学受験狂騒曲」の他の記事を読む

何が何でも中高一貫校――。首都圏では小学校6年生の児童数が大きく減る中、中学校の受験者数が過去最多を更新しそうな勢いだ。なぜなのか。
『週刊東洋経済』2月3日号の第1特集は「過熱! 中学受験狂騒曲」。パニックの様相すら呈する中受のリアルを追う。
『週刊東洋経済 2024年2/3特大号(中学受験狂騒曲)[雑誌]』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。定期購読の申し込みはこちら

今、愛知が熱い。明和半田刈谷津島の県立4高校が「第1次導入校」として2025年に付属中学校を併設、愛知初の公立中高一貫校が一気に4つも誕生するからだ。

地元塾関係者からの注目度が高い理由は旭丘岡崎という最難関の公立高校ツートップが打撃を受けそうだから。本来これらの難関校を目指す高学力層を明和などにごっそり持っていかれる可能性が高いのだ。東海南山女子部という私立の愛知御三家中学も少なからず打撃を受けそうだ。

愛知と同様に全国各地で新興校による“学校序列崩し”が勃発している。主に、国公立大学医学部合格実績が好調であることが理由だ。

医学部合格実績で上位校を猛追

まずは宮城。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
過熱! 中学受験狂騒曲
「中学受験狂騒曲」間違いだらけの中学校・塾選び
過熱の弊害が目立ってきた中学受験の今を追う
何が何でも中高一貫校に入学させたい保護者
早慶付属中、小石川中教が"御三家"を猛追
愛知・明和、宮城・二華、群馬・中央中教……
女子の3位は開智日本橋学園、男子の2位は栄東
増加2位は女子が三輪田学園、男子が横浜創英
高偏差値の学校が口コミで高評価とは限らない
"中学受験するなら4大塾"は単なる思い込み
"推薦枠の拡充"に目が行きがちだが……
御三家の夢を描いて課金沼にはまった家族の話
「死にたい」と繰り返し母親もメンタル不調に
当該クリニックは本誌取材後にHPを一部修正
服一式で50万、慶応付属は「諭吉の伝記」必読
9年連続で中学受験者数増のからくりとは
「娘の精神が不安定に」「夫と別居に至った」
小1から入塾しないと最難関校には入れない?
最難関中学校の合格者が多い塾が「いい塾」?
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内