有料会員限定

「反原発」「再エネ先進国」オーストリアの固有事情 いまやウィーン郊外は一大風力発電地帯に変貌

✎ 1〜 ✎ 19 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 最新
拡大
縮小

反原発を掲げ、再エネ比率が7割を超えるオーストリア。現地を訪問してその固有の事情を考察した。

オーストリアの元採石場に設置されたフローティング太陽光パネル。土地の有効利用策の1つだ(写真:Bloomberg)

2023年の末、プライベートの旅行で、オーストリアの首都ウィーンに行った。ほぼ10年ぶりにシュヴェヒャート国際空港に降り立ち、チャーターしたタクシーで一路、隣国スロバキアの首都ブラチスラバに移動した。ブラチスラバはウィーンに非常に近く、車で高速道路を走れば、順調にいけば1時間もかからずにアクセスすることができる。

シュヴェヒャート国際空港からはA4(オスト・アウトバーン)と呼ばれる高速道路で東に向かい、途中ブルックヌドルフのジャンクションでA6(ノルドオスト・アウトバーン)に乗り換え、ブラチスラバに向かった。整然とした農村部を走るわけだが、この地域はオーストリアでも有数の風力発電地帯であり、実際に多くの発電機を目撃した。

オーストリアの農村部に広がる風力発電機(撮影:筆者)
次ページ風力発電は2000年のゼロから急拡大
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内