有料会員限定

戦時経済下のロシアで膨らむ「住宅バブル」の怪 ウクライナ戦線に加えプーチンに新たな難題

✎ 1〜 ✎ 20 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 最新
拡大
縮小

ウクライナ戦争の長期化で戦時経済化が進むロシア。国内では住宅バブルが発生している。

ロシアでは新築集合住宅を中心に住宅の高騰が進んでいる(写真:Bloomberg)

ウクライナとの戦争に終わりが見えない中で、ロシアの経済は戦時経済化の性格を強めているが、そのロシアで住宅価格が「バブル化」している。ロシア連邦統計局のデータによると、ロシアの新築集合住宅の価格は、コロナショック前の2019年を100とする指数で見た場合、直近2023年7〜9月期時点で216に達した。

中古より新築のバブル度合いが著しい

このように、新築集合住宅の価格は名目GDP(国内総生産)よりもハイピッチで上昇しており、バブル気味となっている。一方で、中古の集合住宅の価格は、ロシアがウクライナに侵攻した2022年1〜3月期に157と前期の131から急上昇したものの、その後の上昇は新築の集合住宅に比べると穏やかであり、直近2023年7〜9月期でも164にとどまっている。

次ページ長期固定型の住宅ローン金利は低いまま
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内