有料会員限定

脱炭素へ、日本でも「ヒートポンプ」の本格推進を 省エネだけでなく再エネ拡大にも寄与

✎ 1〜 ✎ 242 ✎ 243 ✎ 244 ✎ 最新
拡大
縮小
ダイキン工業・ベルギー生産拠点でのヒートポンプ給湯暖房機器の生産ライン
ダイキン工業・ベルギー生産拠点でのヒートポンプ給湯暖房機器の生産ライン(提供:ダイキン工業)

2023年に開催された「国連気候変動枠組条約第28回締約国会議」(COP28)では、30年までにエネルギー効率の改善(省エネルギー)ペースを世界平均で現在の2倍に加速させる取り組みが合意された。地球の平均気温上昇を1.5度に抑えるためにも、省エネの強化は再生可能エネルギーを3倍に増やす努力とともに最優先課題となった。

「エコキュート」普及に本腰

そこで「ヒートポンプ」という技術に関心が高まっている。大気など環境中の熱を集めて冷暖房や給湯などに利用する技術で、投入エネルギー(電力)1に対して、6〜7のエネルギーを生み出せるとされている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内