「離婚秒読みの夫婦」向き合うプロの超納得の助言 元家裁の調査官がカウンセラーになって伝えること

✎ 1〜 ✎ 254 ✎ 255 ✎ 256 ✎ 最新
拡大
縮小
家庭裁判所の調査官として20年間、「夫婦関係調整調停」に携わってきた松本尚子さん

誰にでも失敗はある。配偶者選びだって間違えることはあり、一度や二度の離婚で人生は台無しにならない。「35歳以上で結婚した人」を取材し続けている本連載では4度目の結婚で幸せになった人もいた。

寒々とした関係性のまま夫婦を続けるほうが心身の健康に良くないと離婚経験者の筆者は思う。子どもの存在を理由にして別れない破綻カップルもよくいるが、そのような家庭で育った影響で自分は長らく結婚願望が薄かったと明かす人も少なくない。

家庭裁判所の調査官から家庭問題のカウンセラーに

夫婦や家庭問題の解決を専門とするカウンセラーがいる。家庭裁判所の調査官として20年間のキャリアがあり、2023年6月に「横浜ファミリーカウンセリングオフィス」を開業した松本尚子さんだ。

夫婦同席の「カップルカウンセリング」の利用も多いと聞き、筆者はいくつか疑問を持った。カウンセリングまで受けて離婚を思いとどまる必要があるのだろうか。また、本当にカウンセリングやアドバイスを受けさせるべきは相談者ではなくその配偶者であるケースが多い。プライドが高くて非協力的な人だったりしたらどうやってカウンセリングの場に出てきてもらうのだろうか。組織を離れて自由な立場にいる松本さんに率直な話を聞きたい。

次ページ「協議離婚」「調停離婚」「裁判離婚」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT