米ヤフー、地図サービスを月内に停止

事業再編の一環

 6月4日、米検索大手ヤフーは、インターネット検索とデジタルコンテンツを強化する事業再編の一環として「ヤフー地図」を含む一部のサービスを停止すると発表した。写真はロゴ、カリフォルニア州の本社で2013年4月撮影(2015年 ロイター/Robert Galbraith)

[4日 ロイター] - 米検索大手ヤフー<YHOO.O>は4日、インターネット検索とデジタルコンテンツを強化する事業再編の一環として「ヤフー地図」を含む一部のサービスを停止すると発表した。

ヤフーのチーフアーキテクト、アモッツ・メイモン氏が、ヤフー地図のサイトを月内に閉鎖するとブログに投稿した。グーグル<GOOGL.O>の「グーグルマップ」との競争が激化したことを理由に挙げている。

ヤフーの検索や写真共有サイトのフリッカー(Flickr)は引き続きヤフー地図をサポートするとしている。

これらの措置は、一連の企業買収や商品の改良を通じて優位な売上高の伸びの回復を目指すマリッサ・メイヤー最高経営責任者(CEO)の試みにのっとったものだ。

メイヤーCEOは、メディアおよび広告事業の強化に関してヤフーが迅速な進歩を見せるよう圧力を受けている。

メイモン氏はヤフーが、アップル<AAPL.O>製iPhone(アイフォーン)の旧バージョンOS向けの内蔵型メール用アプリについても、サポートを縮小することを明らかにした。

また、フィリピンのホームページを閉鎖するほか、フランスとカナダのヤフー音楽サービス、スペインの映画サービスも終了する。

このほか英国、フランス、ドイツ、スペイン、イタリアにおけるヤフーテレビと自動車通販などのメディア関連サービスを6月末に停止する。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。