「6月病」に効く薬は、男女で異なっている!

この2つを使い分けよう

具体的には、華々しい印象の得意先(実は激務)を任せてみたり、「●●担当」という肩書きを与えてみたり。なんなら「お掃除リーダー」「社内マナー向上委員」ぐらいの肩書きでもOK。その甘美な響きに男たちは奮い立ち、6月病などどこかへ吹き飛んでしまうことでしょう。

女性は「わかってほしい」

一方、対女性の場合は少々複雑です。彼女たちが働くことに求めているのは、「理解」「承認」「尊重」です。仕事を通じて自己を表現したい。まだ見ぬ自分の可能性を見つけたい。自分でも気づかなかった能力を、誰かに見いだしてほしい。その欲求が満たされると、驚くほどのパワーを発揮します。

なんとなく自分らしい働き方ができていない。退屈な作業ばかりで「私らしさ」を発揮できてない。もっと私には向いている仕事があるんじゃないか……。このように、自分の個性を認められていない状況が、彼女たちのモチベーションダウンの理由。そんなところへ、さらに負担が大きくなるような大きな仕事や、肩書きを与えても逆効果です。

では、どうすればいいか?それはただ「わかってあげる」ことです。

疲れ気味の女性社員には「あなたの●●なところを、ひそかに買っている」と耳打ちする。新入社員の女子には「4月からの努力をいつも見ていた」と声をかける。自信のなさそうなメンバーには「もっと思い切って自分らしくやってみたら?」とハッパをかける。

こうすれば「ほんとですか!?」と、みるみる息を吹き返すはずです。表面的な肩書きでは満足してくれず、丁寧なコミュニケーションが欠かせないので、男よりも面倒といえば面倒ですが。

いかがでしょう?当然、これは明確な男女差というわけではありません。要は社内には「上下関係での自尊心」をくすぐってあげるべき相手もいれば、「いつも見守られているという安心感」を刺激するべき相手もいるということです。さらには、「自尊心」が効かなくなったら「安心感」を試す、「安心感」が効いてきたら「自尊心」もくすぐるといった、合わせ技も使っていきたいものです。

ふたつの薬をうまく使い分けながら、メンバーのやる気を鼓舞して、ジメジメとした季節を乗り切りましょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。