赤ちゃんの不思議 開一夫著

赤ちゃんの不思議 開一夫著

乳幼児の心理や行動、脳の発達過程について、科学的アプローチに基づいて研究する「赤ちゃん学」が、この20年余りで急速に進んでいる。心理学や医療分野をはじめ、保育やロボット工学などの研究者によって、生後間もない新生児が持つさまざまな能力が明らかになってきた。

インターネットや携帯電話による大人の生活環境の変化は、養育環境をも変える。加速度的に変わる養育環境は発達過程にどんな影響を与えるのか。テレビの視聴は悪影響を与えるのか、そして早期英語教育は有効なのか。工学研究から赤ちゃん研究に転じた著者が、最新の「赤ちゃん学」の知見を紹介しながら、養育環境の変化と赤ちゃんの発達との関係を論考する。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。