FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン 広瀬隆著

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン 広瀬隆著

『東京に原発を!』などの著書で知られ、1980年代初めから一貫して原発の危険性と撤廃を訴えてきた著者は、福島第一原発の事故は人災だと怒りを隠さない。

日本が地震多発地帯に位置するにもかかわらず原発を造り続け、安全だと言い切っては災害対策をなおざりにし、自分たちに不都合な情報は隠蔽し、そして今回の大震災は想定外だったと責任逃れをする関係者たちを断罪する。

併せて、54基の原子炉の現在の状態と、これから起こりかねない地震に対してどれだけの対策が講じられているかも詳細に検証している。

また、原子力が地球温暖化対策に有効なクリーンエネルギーだとする説も喝破している。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。