FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン 広瀬隆著

FUKUSHIMA 福島原発メルトダウン 広瀬隆著

『東京に原発を!』などの著書で知られ、1980年代初めから一貫して原発の危険性と撤廃を訴えてきた著者は、福島第一原発の事故は人災だと怒りを隠さない。

日本が地震多発地帯に位置するにもかかわらず原発を造り続け、安全だと言い切っては災害対策をなおざりにし、自分たちに不都合な情報は隠蔽し、そして今回の大震災は想定外だったと責任逃れをする関係者たちを断罪する。

併せて、54基の原子炉の現在の状態と、これから起こりかねない地震に対してどれだけの対策が講じられているかも詳細に検証している。

また、原子力が地球温暖化対策に有効なクリーンエネルギーだとする説も喝破している。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT