日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 孫崎享著

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 孫崎享著

尖閣諸島、竹島、北方領土の領有権が争われている。いずれも国際的には「固有の領土」と認められていないという。

尖閣諸島の帰属は、つまりは台湾領か琉球領である。尖閣を含む琉球が日本に組み入れられたのは1872年以降。必ずしも日本古来の領土ではない。また米国は、北方領土を日本の管轄外として日米安全保障条約の対象にしていない。米政府機関の地名委員会は竹島を実態的に韓国領と見なしていて、ここでも米軍の関与外にし、尖閣諸島については中立を決め込む。

どうしたら尖閣諸島を守れるか。竹島や北方領土は取り戻せるのか。そして日本の国益にかなった安全保障とは何か。国防のための国家戦略が、今こそ必要だと説く。

ちくま新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。