日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 孫崎享著

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 孫崎享著

尖閣諸島、竹島、北方領土の領有権が争われている。いずれも国際的には「固有の領土」と認められていないという。

尖閣諸島の帰属は、つまりは台湾領か琉球領である。尖閣を含む琉球が日本に組み入れられたのは1872年以降。必ずしも日本古来の領土ではない。また米国は、北方領土を日本の管轄外として日米安全保障条約の対象にしていない。米政府機関の地名委員会は竹島を実態的に韓国領と見なしていて、ここでも米軍の関与外にし、尖閣諸島については中立を決め込む。

どうしたら尖閣諸島を守れるか。竹島や北方領土は取り戻せるのか。そして日本の国益にかなった安全保障とは何か。国防のための国家戦略が、今こそ必要だと説く。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT