日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 孫崎享著

日本の国境問題 尖閣・竹島・北方領土 孫崎享著

尖閣諸島、竹島、北方領土の領有権が争われている。いずれも国際的には「固有の領土」と認められていないという。

尖閣諸島の帰属は、つまりは台湾領か琉球領である。尖閣を含む琉球が日本に組み入れられたのは1872年以降。必ずしも日本古来の領土ではない。また米国は、北方領土を日本の管轄外として日米安全保障条約の対象にしていない。米政府機関の地名委員会は竹島を実態的に韓国領と見なしていて、ここでも米軍の関与外にし、尖閣諸島については中立を決め込む。

どうしたら尖閣諸島を守れるか。竹島や北方領土は取り戻せるのか。そして日本の国益にかなった安全保障とは何か。国防のための国家戦略が、今こそ必要だと説く。

ちくま新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。