分析力を駆使する企業 発展の五段階 トーマス・H・ダベンポート, ジェーン・G・ハリス, ロバート・モリソン著/村井章子訳

分析力を駆使する企業 発展の五段階 トーマス・H・ダベンポート, ジェーン・G・ハリス, ロバート・モリソン著/村井章子訳

本書によると、米国企業の重要な決定の40%は、マネジャーの直感(勘や経験、度胸=KKD)だけで下されている。十分な情報・データ分析が行われていなければ、ますます幸運に頼ることになり、成功の確率、その程度はどうしても低くなりがちになる。

では、必要な情報・データの分析力をどう鍛えるべきなのか。五つの要素があるとして、それぞれの言葉の頭文字を並べてDELTA(順にデータ、エンタープライズ=組織を挙げての取り組み、リーダーシップ、ターゲット、アナリスト)が重要だと説く。

分析による究極の目的が、よい決定、あるいは稼げる決定だとすれば、優れた分析力を組織として維持するには、分析を文化として業務プロセスに埋め込み、かつ分析環境を継続的に見直すことが大事だという。

分析力を評価するツールの事例も豊富に提示。ただし、KKDを全否定していないのは、ビジネスの現実を直視しているからか。

日経BP社 2310円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。