FIFA会長側近が賄賂1000万ドルを送金か

バルク事務局長が2010年南アW杯招致で

 6月1日、FIFAの汚職事件で、捜査を進めている米検察当局は、ブラッター会長(左)の側近であるバルク事務局長(右)が1000万ドルの賄賂送金を行ったとみていることが分かった。チューリヒで先月撮影(2015年 ロイター/Ruben Sprich)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件で、捜査を進めている米検察当局は、ブラッター会長の側近であるバルク事務局長が1000万ドル(約12億円)の賄賂送金を行ったとみていることが分かった。関係筋が1日明らかにした。

米検察当局は、2008年に「高い地位にあるFIFA当局者」がワーナー元副会長側に送金したとしており、その当局者がバルク事務局長だという。

ワーナー元副会長は今回の事件で起訴されたが、バルク事務局長は起訴されていない。米紙ニューヨーク・タイムズも事務局長の汚職関与について報道。FIFAは報道を受け、バルク氏が6日に開幕する女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の開会式出席を取りやめると発表した。

起訴状では、1000万ドルの賄賂について、2010年にW杯を開催した南アフリカの招致を成功させるために送られたとされている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT