FIFA会長側近が賄賂1000万ドルを送金か

バルク事務局長が2010年南アW杯招致で

 6月1日、FIFAの汚職事件で、捜査を進めている米検察当局は、ブラッター会長(左)の側近であるバルク事務局長(右)が1000万ドルの賄賂送金を行ったとみていることが分かった。チューリヒで先月撮影(2015年 ロイター/Ruben Sprich)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件で、捜査を進めている米検察当局は、ブラッター会長の側近であるバルク事務局長が1000万ドル(約12億円)の賄賂送金を行ったとみていることが分かった。関係筋が1日明らかにした。

米検察当局は、2008年に「高い地位にあるFIFA当局者」がワーナー元副会長側に送金したとしており、その当局者がバルク事務局長だという。

ワーナー元副会長は今回の事件で起訴されたが、バルク事務局長は起訴されていない。米紙ニューヨーク・タイムズも事務局長の汚職関与について報道。FIFAは報道を受け、バルク氏が6日に開幕する女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の開会式出席を取りやめると発表した。

起訴状では、1000万ドルの賄賂について、2010年にW杯を開催した南アフリカの招致を成功させるために送られたとされている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。