「消しゴムの使い方」で成績伸びるかわかる根拠 なぜそう判断できるのか?その奥深い理由

✎ 1〜 ✎ 85 ✎ 86 ✎ 87 ✎ 最新
拡大
縮小
(漫画:©︎三田紀房/コルク)
記憶力や論理的思考力・説明力、抽象的な思考能力など、「頭がいい」といわれる人の特徴になるような能力というのは、先天的に決められている部分があり、後天的に獲得している能力は少ないと考える人が多いのではないでしょうか。
その考えを否定するのが、偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏です。漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当の西岡氏は、小学校、中学校では成績が振るわず、高校入学時に東大に合格するなんて誰も思っていなかったような人が、一念発起して勉強し、偏差値を一気に上げて合格するという「リアルドラゴン桜」な実例を集めて全国いろんな学校に教育実践を行う「チームドラゴン桜」を作っています。
そこで集まった知見を基に、後天的に身につけられる「東大に合格できるくらい頭をよくするテクニック」を伝授するこの連載(毎週火曜日配信)。連載を再構成し、加筆修正を加えた新刊『なぜか結果を出す人が勉強以前にやっていること』が、発売後すぐに3万部のベストセラーとなっています。第86回は消しゴムの使い方をみると、成績が伸びるかどうかわかる、その理由をご紹介します。

消しゴムの使い方はミスとの向き合い方

『なぜか結果を出す人が勉強以前にやっていること』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら電子版はこちら

私が塾講師として働きはじめた頃、ある先輩のベテラン講師から面白い話を聞きました。

「消しゴムの使い方を見れば、その子が伸びるかどうかがわかる」と言うのです。

どういうことか聞いてみると、「計算ミスをしたときに、間違えたところをいちいち消しゴムで消している子は伸び悩む」のだとか。

「理由は自分で考えてみろ」とだけ言われ、その会話は終わりました。当時の私は「間違えたなら、消しゴムで消すのは当たり前だよな?」と意味がわからなかったのですが、経験を重ねるうちにだんだん理由がわかってきました。

消しゴムを使うかどうかというのは、ミスとの向き合い方の違いだったのです。先輩講師の言っていたのと同じことが、『ドラゴン桜』のマンガにも描かれていました。東大受験生の矢島くんが試験中に、計算用紙に間違った式を書いて消しゴムを使おうとする場面です。

※外部配信先では漫画を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT