「VRジャーナリズム」はホントに普及するのか

NYタイムズマガジンの編集長に直撃

ニューヨークタイムズマガジンのジェイク・シルバーステイン編集長

NYタイムズマガジン編集長のジェイク・シルバーステイン氏によれば、前述のJRと既に取り組んでいた「Walking New York」という企画のコンセプトをより良くする上で、VRは有効な手段だと考えたそうだ。

VRであれば、読者を本編に登場するようなダンサーやミュージシャンの間近に迫るところまで連れていける、というわけだ。同社は4月、広告主向けのイベント「Newfront」において、VRを使ったブランドコンテンツを制作していくと発表している。今回のはその実験段階といえるだろう。

具体的な数字は明かされなかったが、ジェイク編集長によれば反響はとても興味深く、今後の可能性を感じたという。

中東やウクライナの情勢を伝えるのに役立つ

画像を拡大
延々と続くエンドロール

今回はニューヨークの街並みという日常のシーンを中心に扱ったが、中東やウクライナなど、読み手が普通は直接訪れることができないような、世界中の各地で起きていることを伝えるためには、VRは有効だとの認識を彼は示した。

しかし、次回作の予定はまだ立てていないという。問題となってくるのはそのコストの高さだ。実際、「Walking New York」は約5分間の本編のうち終盤の数十秒にわたってエンドロールが流れ、少なくとも44人が関わっていることがわかる。

ジェイク編集長は、引き続きVRSEと手を組んで、「いつかは日常的なコンテンツも扱いたい」と語るが、その道のりはまだ遠そうだ。

モバイルやデスクトップの画面で読み手を没頭させるのに使われてきたのが「Snowfall型」のコンテンツであり、VRは全く別の試みと言えるが、高いコストに見合う成果が得られないという同じ末路をたどる可能性がある。

実際の評判はどうなっているのだろうか。Twitterで「Walking New York」や「NYT VR」などのキーワードを入れて検索してみると、「これは新しいジャーナリズムだ!」といった具合に業界関係者からの絶賛は目立つが、肝心の一般読者からのコメントはあまり見受けられない。

VRデバイス「Oculus Rift」は、今年後半に予約が開始され、来年に市販が始まる。こうしたハードウェアの充実に合わせて、どれだけ一般ユーザーに今までなかったような体験を与えられるか、病みつきにさせられるようなコンテンツを生み出せるかが鍵となりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT