あと3年でポリオは世界から根絶できる! 天然痘に続く人類2度目の挑戦の全貌

印刷
A
A

2011年にローン・コンバージョンを用いて開始されたパキスタンのポリオ根絶活動によって、パキスタンではポリオ発生地域が限定されるなど順調に成果をあげ、2014年4月にはゲイツ財団がパキスタン政府に代わって日本におカネを返すことが決まりました。

平和貢献に使う金額は毎年削られている

ここまで読んでいただいた方の中には「もう1%まで減っているのだから、そんなに頑張って0%にする必要なんてないのでは?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

でも、そうではないのです。皆さんは、エボラ出血熱やデング熱などの感染症が流行したときに、日本を、世界を襲った不安を覚えていらっしゃるでしょうか。グローバル化の進んだ現代社会においては、世界に少しでも残っている感染症は、次のエボラ出血熱になる可能性があります。ポリオもそうです。

今年は、日本からポリオが根絶されてから、そして世界から天然痘が根絶されてから35年。世界が力を合わせれば、あと3年でポリオは世界から根絶できると言われています。

これが実現できれば、人類史上、2度目の快挙。わたしは、この歴史的快挙を成し遂げるための最後の踏ん張りは、日本の重要な役目ではないかと思っています。日本にしかできない、日本にはその力がある、と多くの人も期待しています。

でも現在、こういったワクチンなどに使われる日本の平和貢献のおカネは、毎年削られているのが現状です。

どうか政治家や外務省、財務省、厚生労働省など官僚の方々が、是非、これを重要だと思い頑張って推し進め、人類史上2度目の感染病の根絶を、日本の力をつかって成し遂げてほしいと思います。こういうことができる世界の多くの国から信頼されている日本に生まれたことを、わたしたちも子どもたちも誇れると思うのです。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT