損保ジャパン、「社長が辞任表明」でも遠い幕引き 今後の焦点は「櫻田体制」のガバナンス不全

✎ 1〜 ✎ 24 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 最新
拡大
縮小
損保ジャパン社長辞任会見

損保ジャパンの白川儀一社長(左)は自ら主導したビッグモーターとの取引再開について「軽率な判断で深く反省している」「大きな経営判断ミス」と謝罪した(撮影:尾形文繁)

 「ビッグモーター不正」問題をめぐって、損害保険ジャパンは9月8日に記者会見を開き、白川儀一社長が引責辞任することを表明した。

「辞任しないと(現場が)もう持ちません」

白川氏が親会社SOMPOホールディングスの櫻田謙悟グループCEOに電話し、辞任の意向を伝えたのは8月29日のことだ。櫻田氏らは当初、9月下旬をメドに記者会見を開き、保険金の不正請求をめぐる一連の経緯について説明し、さらに白川氏の辞任についても発表する予定だった。

しかしながら、いったん中止していたビッグモーターとの取引再開を白川氏自身が昨夏に主導していたことや、出向者が不正請求に関する証言内容の改ざんに携わっていたことを経営陣が取引再開前に認識していた事実が、8月末以降も次々に表面化した。

犯罪行為に目をつぶるかのような経営判断に、契約者や代理店の怒りが日増しに高まり、歯止めが利かない状況に陥ったことで、会見予定を大幅に前倒しせざるを得なくなってしまった。

3時間半の会見でもスカスカの中身

損保ジャパンは白川氏の辞任表明で、何とか事態を鎮静化させ早期に幕引きを図りたかったはずだ。

ところが、櫻田氏や白川氏が3時間半にわたる記者会見で語ったことといえば、すでに報道などで判明している事実ばかり。それ以上の詳細については「外部の調査委員会が調査中の事柄なので」「調査委員会による報告を待ちたい」といった受け答えにとどまり、中身はスカスカだった。

さらに櫻田氏は、自らの経営責任について何度も質問されながら、執拗に直接的な言及を避け、会見場に集まった報道陣をあきれさせる有りさまだった。

次ページ櫻田氏が事態を認識した時点が持つ意味合い
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT