ホンダ「N-BOX」新/旧比較に見る購入の注意点 旧型の在庫もある今こそベストタイミング?

拡大
縮小
2023年8月下旬より先行受け付けを開始した3代目N-BOX(写真:本田技研工業)
2023年8月下旬より先行受け付けを開始した3代目N-BOX(写真:本田技研工業)

2017年から2023年上半期(1~6月)まで国内の新車販売台数ナンバーワンは、ほぼ一貫してホンダ「N-BOX」だった。

2021年こそ、1位の座をトヨタ「ヤリス」に譲るが、後者にはコンパクトカーのヤリスに加えてSUVの「ヤリスクロス」やスポーツモデルの「GRヤリス」も含まれる。クルマを選ぶユーザーの目線では、ヤリスとヤリスクロスは別のクルマだろう。

販売台数をボディタイプ別に算出すると、結局はN-BOXが1位であった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

このN-BOXがフルモデルチェンジを行って、3代目になる。それにともなって販売店では、2023年8月4日から価格を明らかにして先行予約受注を開始した。販売店は以下のように述べる。

「現時点(2023年8月下旬時点)で新型N-BOXの注文をいただいた場合、納車は年末から2024年1月になる。試乗車は2023年10月の上旬から中旬に配車され、すでに注文をいただいたお客様の納車も、ほぼ同じタイミングで開始される」

以上が新型N-BOXのスケジュールだ。今、軽スーパーハイトワゴンの購入を検討している人なら、新型N-BOXは大いに気になる1台だろう。しかし、検討時に注意すべきポイントは多く、そこをガイドしたい。

この記事の画像を見る(11枚)

ポイント1:外観の存在感やインパクトの変化

外観の形状は、基本的には先代型を踏襲している。先代型の人気が際立って高く、大幅に変えて失敗すると痛手も大きいからだ。

それでも新型N-BOXの開発者は「フロントマスクなどの外観は、威圧感が生じないように配慮した」と述べる。いわゆる「オラオラ顔」は避けたいため、先代型に比べて顔立ちを少し穏やかに仕上げたというわけだ。

先代の引き続き標準車(左)とカスタム(右)の2タイプを用意する(写真:本田技研工業)
先代に引き続き標準車(左)とカスタム(右)の2タイプを用意する(写真:本田技研工業)

この考え方を明確に表現しているのは、標準車のフロントグリルだ。細かな穴の空いたデザインは、「シンプルな家電のイメージ」だという。上級仕様の位置づけカスタムモデルは、光沢のあるブラックのグリルだが、緻密な形状で光の当たり方により表情が変わるようにしている。

フロントマスクは好みの問題だが、標準/カスタムともにメッキの使用を控えたのが特徴だ。

次ページコストダウンを感じるかも…
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT