社長室長のときでも社長の景色が見えていたと思っていたが、いざ社長になって、見えていなかったことに気付かされた--西本甲介・メイテック社長(第3回)

社長室長のときでも社長の景色が見えていたと思っていたが、いざ社長になって、見えていなかったことに気付かされた--西本甲介・メイテック社長(第3回)

--派遣会社は営業の力も重要なのではないでしょうか。

モノではなくヒトを扱うビジネスですので、きちんとエンジニアとコミュニケーションをとれる体制が必要です。

1人の営業に40人のエンジニアを担当させています。学級の1クラス分の人数なら全員の顔も名前も覚えることができますから。この担当人数は技術者派遣業界でも少ないほうですが、今後はもっとコミュニケーションを密にしていくために営業マンの数を増やす予定です。

ただし、人材ビジネスは、派遣であろうと紹介であろうと人材というリソースと受注というニーズをいかにマッチングするかというところに大きなポイントがあります。マッチングの高さによって社員の満足度と顧客満足度が両方変わってくるわけですが、人が介入してマッチングを行うとどうしても恣意的になります。

たとえば、営業に紹介された企業が自分に本当にふさわしい会社なのか、営業が成績を上げたいから勧めた会社なのかとエンジニアが疑うこともある。でもエンジニアにはそれはわからない。

そこで、当社は10年ほど前からマッチングをシステム化しました。エンジニアのキャリア情報やお客様の受注情報をスペック化したデータベース「ベストマッチングシステム」を作り、マッチングはITで行うようにしたんです。

実際、その透明性が納得感につながっているようで、社員の満足度が上がりました。社員の満足度はコストパフォーマンスを高めますので、結果的に顧客満足度も上がります。

--あらゆる製造業と取引があると思いますが、企業の強さや弱さはどこに現れるとお考えですか。

ここ10~15年、バブル崩壊が1つの契機だと思いますが、派遣社員も戦力だと言ってくださるお客様がすごく増えてきました。

なおかつ、徹底してその考え方を現場レベルまで落とし込もうとしている会社は強い会社だと思います。実際、きちんと利益も上がっています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。