独VWが中国EVメーカーに「1000億円出資」の背景 中国EV市場で巻き返し、小鵬と2車種共同開発

✎ 1〜 ✎ 61 ✎ 62 ✎ 63 ✎ 最新
拡大
縮小
VWと小鵬汽車は技術提携の皮切りとして、小鵬汽車の旗艦モデル「G9」をベースにVWブランドの2車種を共同開発する(写真は小鵬汽車のウェブサイトより)

ドイツ自動車大手、フォルクスワーゲン(VW)の中国法人は7月26日、VWグループが7億ドル(約984億円)を投じて中国の新興EV(電気自動車)メーカーの小鵬汽車(シャオペン)の株式を4.99%取得すると発表した。両社は技術提携の枠組みについても合意。VWはEVシフトが進む中国市場で巻き返しを図る。

発表直後からニューヨーク証券市場に上場している小鵬汽車のADS(アメリカ預託株式)は急騰。26日の前日比上昇率は一時26%以上に達し、終値は19.46ドル(約2735円)、時価総額は168億4800万ドル(約2兆3682億円)に膨らんだ。

小鵬のAI自動運転技術を搭載へ

VWによると、両社の技術提携の最初の取り組みとして、まず中国市場向けにVWブランドの2車種のEVを共同開発し、2026年の販売開始を目指す。小鵬汽車側が26日発表したところによると、共同開発する2車種は小鵬汽車の旗艦モデル「G9」の車台をベースとし、小鵬汽車のAI(人工知能)自動運転補助システムを搭載する予定だ。

また小鵬汽車に対するVWの出資完了後、VWは小鵬汽車の董事会(取締役会に相当)にオブザーバー1名を参加させる権利を得る。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT