中国新興EV「蔚来汽車」、中東ファンドが大株主に アブダビ政府系のCYVNが3000億円超を追加投資

✎ 1〜 ✎ 129 ✎ 130 ✎ 131 ✎ 最新
拡大
縮小
蔚来汽車はCYVNの追加投資をテコに再成長を目指す。写真は2023年12月、新型高級EV「ET9」を発表する創業トップの李斌CEO(同社ウェブサイトより)

中国の新興EV(電気自動車)メーカーの蔚来汽車(NIO)が、中東の投資ファンドから大型の追加投資を獲得した。蔚来汽車の2023年12月18日付の情報開示によれば、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビの投資ファンド、CYVNホールディングスが子会社を通じて約22億ドル(約3137億円)を出資する。

具体的には、蔚来汽車が新規発行する2億9400万株の普通株を、CYVN が1株当たり7.5ドル(約1070円)の現金で取得する。この取引は2023年12月の最終週に執行される予定だ。

実質経営権は創業トップが維持

CYVNは経営権の過半をアブダビ政府が保有しており、先進的なスマート・モビリティ分野に重点的に投資している。同社は2023年7月、増資引き受けと既存株主からの株式買い取りを通じて、蔚来汽車に総額約11億ドル(約1569億円)を出資していた。

蔚来汽車の説明によれば、今回の追加出資の完了後、CYVNは発行済株式の20.1%を保有する筆頭株主になる。ただし、同社の実質的なオーナーは創業トップでCEO(経営最高責任者)を務める李斌氏のままで変わらないとしている。

(訳注:李斌氏は1株に複数の議決権が付与された種類株を保有しており、議決権ベースでは増資後も最大株主の地位を維持する)

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT