地下に駅前広場?「本開業」虎ノ門ヒルズ駅の全貌 ガラス張りのホームに発着する電車が見える

拡大
縮小
日比谷線虎ノ門ヒルズ駅
東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅の地下2階コンコースと改札口。地下の駅前広場につながっている(記者撮影)
この記事の画像を見る(36枚)

地下鉄の駅に広々とした「駅前広場」が誕生――。地上を走る区間にある駅ではなく、れっきとした地下駅の話だ。

東京メトロは7月15日の始発列車から、拡張工事を進めていた日比谷線虎ノ門ヒルズ駅の地下2階コンコースと新たな改札口の使用を開始した。同コンコースは、隣接するビルの地下に整備された地上1階まで吹き抜けの広場と接続。地下でありながらガラス張りのホームに発着する電車が見える、ユニークな空間が出現した。

開業から3年経て「本来の姿」に

虎ノ門ヒルズ駅は2020年6月、日比谷線の開業以来56年ぶりの新駅として霞ケ関―神谷町間に開業。もともと駅のないトンネルだった区間を掘削して建設した。同年の開業時はホームのある地下1階のみが完成した状態で、今回の拡張工事完成で「本来の姿」となった。

同駅は地下道で東京メトロ銀座線の虎ノ門駅と接続している。これまでの仮状態では、銀座線の駅から日比谷線中目黒方面行きホームには地下1階の仮改札口で直結していたものの、日比谷線北千住方面行きのホームに行くにはいったん地上に出て交差点を渡る必要があった。地下2階コンコースの完成で両方向ともに地下だけで乗り換えられるようになったほか、駅の東西移動や地上との行き来も容易になった。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT