産後うつで2カ月入院「助けて」ママ友に出せたSOS マシンガンズの滝沢秀一さんの妻友紀さんが語る「産後」

拡大
縮小
本当に必要な産後のサポートとは? 写真はイメージです(写真:keyphoto/PIXTA)
芸人とゴミ清掃員の二足のわらじを履く、マシンガンズの滝沢秀一さん。5月には漫才の賞レース「THE SECOND~漫才トーナメント~」で準優勝を果たし、今注目を浴びている芸人のひとりだ。ゴミ清掃員としても著書を複数持つ多才な秀一さんの妻が友紀さんだ。
友紀さんは結婚後、不妊治療を経て42歳で長男を、46歳で長女を出産した。しかし、長女が生後1カ月半のころに産後うつを発症し、2カ月の入院を余儀なくされた。
産後うつを乗り越えた滝沢さんに、当時の体験や産後に本当に必要なサポート、また夫婦としての学びについて話を聞いた。

家事育児のすべてを1人で担った産後

2日半続いた陣痛の末に生まれた長男は、産声を上げなかった。

仮死状態だった長男は、医師らの処置で一命を取り留めたものの、NICU(新生児集中治療室)に入院することになった。保育器のなかで眠る長男と初対面したときのことを、「たくさんの管が取り付けられた小さな身体が痛々しくて、涙が溢れました」と振り返る。

その後長男は順調に回復し、後遺症もなく生後3週間で退院できたが、「退院後も『息をしてるかな』と、つねに心配して過ごしていた」と話す。

次ページ家事育児のすべてを1人で担った
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT