10年で1人前の「寿司職人」3年で握らせる店の狙い 早く握りたい若手も多く、離職率も課題にある

拡大
縮小
「鮨 銀座おのでら 登龍門」を卒業した小林航大氏が握ったお寿司(写真:筆者撮影)

寿司が世界的なブームとなって久しい。日本を訪れた外国人の多くも、日本の新鮮で美味しいお寿司を堪能している。

寿司を握る、寿司職人は引く手あまたで、海外であれば年収は軽く1000万円を超えるというニュースも話題になった。

そんな寿司職人だが、一人前になるまでの道のりは長い。「飯炊き3年、握り8年」や「シャリ炊き3年、合わせ5年、握り一生」などといわれており、一人前になるには10年近くを覚悟するものだ。握り手になるまでには多くの時間を要し、皿洗いに始まり、食材に触れられるようになるのさえも数年かかる。

3年目の寿司職人がお店で握る

この寿司業界の常識を打ち破ったのが、2022年4月23日にオープンした「鮨 銀座おのでら 登龍門」。銀座という一等地の路面店でありながら、3年目の寿司職人がカウンター越しに寿司を握る。

寿司職人
「鮨 銀座おのでら 登龍門」外観(写真:鮨 銀座おのでら 登龍門提供)

同店は、立ち食いスタイルだ。客がスマホから注文すると、タブレットでオーダーを受ける仕組みになっている。“おこのみ”が中心だが、握り手に任せる“おまかせ”、「おすすめの五貫セット」(1780円)や「おのでら堪能 十貫セット」(4980円)も用意。オペレーションの負荷を考慮して、つまみ(=料理)は3種類程度、お酒は日本酒、焼酎、ビールなど6種類に厳選している。

「鮨 銀座おのでら 登龍門」を運営するのはONODERAフードサービスだ。その中心にある店が、2013年4月1日にオープンした「鮨 銀座おのでら総本店」である。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT