米大統領選、元外科医カーソン氏出馬へ

共和党唯一のアフリカ系

 5月3日、元神経外科医のベン・カーソン氏は、来年の米大統領選に共和党から出馬する意向を表明した。保守政治活動協議会(CPAC)で講演するカーソン氏、メリーランド州で2月撮影(2015年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 3日 ロイター] - 元神経外科医のベン・カーソン氏(63)は3日、フロリダ州のテレビ局とのインタビューで、来年の米大統領選に共和党から出馬する意向を表明した。4日に予定しているイベントで正式に発表するとみられる。

カーソン氏は、頭部が結合した双生児を分離する難手術に成功するなどの業績で知られる。保守派「ティーパーティー(茶会)」からの人気が高いとされ、出馬すれば、唯一のアフリカ系の候補となる見通し。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • イマドキのLINE事情
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。