米大統領選、元外科医カーソン氏出馬へ

共和党唯一のアフリカ系

 5月3日、元神経外科医のベン・カーソン氏は、来年の米大統領選に共和党から出馬する意向を表明した。保守政治活動協議会(CPAC)で講演するカーソン氏、メリーランド州で2月撮影(2015年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 3日 ロイター] - 元神経外科医のベン・カーソン氏(63)は3日、フロリダ州のテレビ局とのインタビューで、来年の米大統領選に共和党から出馬する意向を表明した。4日に予定しているイベントで正式に発表するとみられる。

カーソン氏は、頭部が結合した双生児を分離する難手術に成功するなどの業績で知られる。保守派「ティーパーティー(茶会)」からの人気が高いとされ、出馬すれば、唯一のアフリカ系の候補となる見通し。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。