フィオリーナ氏が米大統領選に立候補?

共和党候補で出馬する可能性を示唆

 3月29日、米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏(写真)は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。2月撮影(2015年 ロイター/Gretchen Ertl)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)<HPQ.N>の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。

29日の「FOXニュース・サンデー」で述べた。同氏は、支援団体や資金面の調整を行っているため、現時点ではまだ出馬を正式には表明できないが、4月下旬か5月上旬ごろに発表するとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?