フィオリーナ氏が米大統領選に立候補?

共和党候補で出馬する可能性を示唆

 3月29日、米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏(写真)は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。2月撮影(2015年 ロイター/Gretchen Ertl)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)<HPQ.N>の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。

29日の「FOXニュース・サンデー」で述べた。同氏は、支援団体や資金面の調整を行っているため、現時点ではまだ出馬を正式には表明できないが、4月下旬か5月上旬ごろに発表するとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。