フィオリーナ氏が米大統領選に立候補?

共和党候補で出馬する可能性を示唆

 3月29日、米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏(写真)は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。2月撮影(2015年 ロイター/Gretchen Ertl)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)<HPQ.N>の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。

29日の「FOXニュース・サンデー」で述べた。同氏は、支援団体や資金面の調整を行っているため、現時点ではまだ出馬を正式には表明できないが、4月下旬か5月上旬ごろに発表するとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。