フィオリーナ氏が米大統領選に立候補?

共和党候補で出馬する可能性を示唆

 3月29日、米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏(写真)は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。2月撮影(2015年 ロイター/Gretchen Ertl)

[ワシントン 29日 ロイター] - 米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)<HPQ.N>の最高経営責任者(CEO)だったカーリー・フィオリーナ氏は、2016年米大統領選に共和党から出馬する可能性は「90%以上」と述べた。

29日の「FOXニュース・サンデー」で述べた。同氏は、支援団体や資金面の調整を行っているため、現時点ではまだ出馬を正式には表明できないが、4月下旬か5月上旬ごろに発表するとの考えを示した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。