ブッシュ弟は「ヒスパニック」だった?

有権者登録で「ヒスパニック」欄にチェック

 4月6日、ニューヨーク・タイムズの報道で、米大統領選共和党有力候補のジェブ・ブッシュ氏が、09年の有権者登録用紙の人種欄で「ヒスパニック」の項目にチェックを入れていたことが判明。3月撮影(2015年 ロイター/Randall Hill)

[ワシントン 6日 ロイター] - 6日付ニューヨーク・タイムズの報道で、2016年米大統領選の共和党有力候補のジェブ・ブッシュ氏が、09年の有権者登録申請用紙の人種欄で「ヒスパニック(在米ラテンアメリカ人)」の項目にチェックを入れていたことが明らかになった。同氏は、フロリダ州知事時代にはヒスパニックの有権者の間で人気が高かった。

同紙は、マイアミ州デイド郡選挙当局から入手した色あせた投票用紙のコピーを掲載。「ヒスパニック」の欄にチェックマークが入っており、隣の選択項目の「ヒスパニックではない白人」にはチェックが入っていなかった。

ブッシュ氏は6日、息子からツイートで「肩書きだけの」ラティーノ(ヒスパニック)と呼びかけられ、「単なる間違い。誰かをからかったわけじゃないよ」と応じた。ブッシュ氏の広報担当のクリスティ・キャンベル氏は、どうしてこんなエラーが発生したのかわからないと述べたうえで「ブッシュ氏の家族はもちろん大笑いしているし、明らかに彼はヒスパニックではない」と語った。

同氏はテキサス生まれで流ちょうなスペイン語を話し、妻はメキシコ生まれであることから、フロリダ州知事として2期の在任中ヒスパニック層からの幅広い支持を得ていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。