ヒラリー氏、最初の遊説地に自動車で移動

1600キロをドライブし庶民性をアピール

 4月13日、米大統領選への立候補を正式表明したヒラリー・クリントン氏が、選挙キャンペーンで最初の訪問地となるアイオワ州へバンで向かっている。ニューヨークで1日撮影(2015年 ロイター/EDUARDO MUNOZ)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米大統領選への立候補を正式表明したヒラリー・クリントン氏は、選挙キャンペーンで最初の訪問地となるアイオワ州に「スクービー」と名付けたバンで向かっている。

ファーストレディー時代には大統領専用機に乗り、オバマ政権下の国務長官として世界中を飛び回る際には特注のボーイング757が用意されたクリントン氏。東海岸からアイオワ州まで車なら16時間かかるが、今回は飛行機を利用せず、陸路を行くことにした。

アイオワ州で14─15日に選挙イベントが予定されており、クリントン氏は2人のキャンペーンスタッフと数名のセキュリティガードと共に、数台の車で約1600キロの行程を既に出発。具体的なルートは明らかになっていないが、各メディアがその旅を追っている。

CNNによると、12日にはペンシルベニア州のガソリンスタンドで目撃され、オハイオ州のテレビ局も13日、クリントン氏が地元のファストフード店でチキンとワカモレを注文したと伝えた。幼少時代を過ごしたシカゴ郊外のパークリッジでは、同氏が立ち寄るのを期待し、報道車両が待機している。

クリントン氏は出馬をネットで表明するなど、選挙キャンペーンは一見地味なスタートとなった。アイオワでのイベントも有権者との小規模の集会を計画。2008年出馬時の反省を踏まえ、親しみがわきにくいという印象をぬぐうためとみられるが、車での旅も同氏のアイデアだ。

「スクービー」という車のニックネームは、1970年代の米アニメ番組「スクービー・ドゥー」の中で、ミステリー事件を解決する登場人物が乗っていた車の名前にちなんでつけられたという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。